施術の流れ|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

施術の流れ

自毛植毛施術ご予約までの流れ

親和クリニック大阪では、最初に無料カウンセリングにて、ドクターと専門カウンセラーが患者さまのお話をお伺いします。

自毛植毛やAGA・女性の薄毛治療をお考えの方はもちろん
「最近抜け毛が増えた・・・髪の毛が薄くなった気がする」
「植毛や薄毛治療のことについて、専門家のお話を聞きたい」
といった方も是非、お気軽にお越しください。

私ども親和クリニック大阪は《患者さまの立場に立った目線の治療》を心掛けております。
患者さまお一人おひとりに寄り添い、ご希望に合わせた最善の治療計画をご提案いたします。

カウンセリングの流れ

1.ご来院・受付


問診票のご記入・写真撮影

当院では完全予約制になっており、ご来院時に他の患者さまと受付や待ち合いなどでお顔を合わせることなく診察を受けていただけます。 受付の後は問診票をご記入ください。現在のお悩みや薄毛の症状の他に、既往症や現在服用されているお薬など、健康状態についての項目もございます。これらは適切な治療をご提供するために必要な情報になりますので、ご協力をお願い致します。 その後、より正確な頭髪や頭皮の状態把握と、植毛治療を行なった場合の術前・術後の確認などのため、頭部のお写真を撮影させていただきます。

2.自毛植毛・薄毛治療に精通したドクターによる診察


自毛植毛などの治療のご提案や当院の特徴についての説明

希望のデザイン・毛量・毛流に基づいて移植ホールを作成します。移植ホールの作成には、約0.6mmという極細径のマイクロパンチブレードという管状の医療機器で作成していきます。この極細のマイクロパンチブレードを使用することで、緻密で繊細な高密度でボリューム感のある仕上がりを可能にしています。

3.専門カウンセラーによるカウンセリング


専門カウンセラーによるカウンセリング

採取したグラフト(移植毛)を傷つけないよう、空気圧を利用して移植ホールに移植していきます。グラフトにダメージを与えてしまうと、移植毛の生着率の低下にも繋がるため、十分な注意が必要になります。そのため移植する際には、グラフトへのダメージを最小限に抑えるために、非接触性の空気圧インプランターを使い素早く移植を行います。

4.血液検査・施術日のご予約


安全に治療を行うために

自毛植毛の施術をご希望の患者さまについては、安全に治療を行うための準備として血液検査をお願いしております。検査結果については分かり次第ご連絡させていただきます。併せて施術のために当院にお越しいただく次回のご来院日時のご予約も承ります。

施術当日の流れ
〜高密度自毛植毛《 MIRAI法 》の場合〜

1.ご来院


受付・診察

治療当日は受付を済ませた後、担当医師による術前診察にて詳しい治療内容を最終的に決定します。自毛植毛の場合には、移植するグラフト数・植毛する範囲・デザインなど、詳細について最終確認します。

2.お会計


費用については明確にご提示いたします

お支払いは現金払いのほか、クレジットカード、メディカルローンをご利用いただけます。VISAやMastercard、アメックスからアリペイなどの各種クレジットカードをはじめ、他院と比較しても利率の低いメディカルローンをご用意しており、患者さまのご負担を極力抑えて自毛植毛・薄毛治療を受けていただけるよう努めております。

3.お着替え・術前の準備


お着替えの後、麻酔・マーキング・刈り上げなどの術前処理を行います

お会計の後は、まず施術専用の施術着に着替えていただきます。その後、髪を採取する後頭部の刈り上げ・移植部分のマーキング・麻酔などを行い、植毛手術を受けられるよう準備します。
※刈り上げない自毛植毛《 NC-MIRAI法 》をご希望の方は、後頭部の刈り上げは行いません。

4.移植株の採取


メスを使用せずに直接ドナー部から移植株(グラフト)を採取

発毛組織を損なわずに植毛できる最小レベルのサイズである約0.8mmという極細径まイクロパンチブレードという管状の医療機器を使い、後頭部から1株1株丁寧に採取していきます。ちなみに、ロボットを使った自毛植毛「ARTAS植毛」のパンチ径は1.2mmですから、比較するとその細さがお分かりいただけるかと思います。

卓越した自毛植毛技術を持つドクターが、移植に適した毛髪を目視で厳選し、人の手で採取するからこそ、移植株の損傷・頭皮の侵襲を限りなく抑えることが可能になるのです。従来の自毛植毛と異なり、メスを使用して後頭部の皮膚を切除・縫合することはありませんから、採取した跡もほとんど目立ちません。

5.移植ホールの作成


マイクロパンチブレードで移植ホールを作成

移植ホールの作成には約0.6mmという極細径で開発したマイクロパンチブレードを用います。カウンセリングにおいて患者さまから伺った自毛植毛後の理想のスタイルに合わせ、精密にデザインされた角度・密度・髪の毛の流れで移植ホールを作成します。
当院で即時に開発した極細径のマイクロパンチブレードと、移植ホール作成の緻密で繊細なデザインの両立が、高密度でボリューム感のある自然な仕上がりの自毛植毛を支えています。

6.採取した毛髪の移植


グラフト(移植する毛髪)に傷をつけないよう空気圧で移植

採取したグラフト(移植毛)は、その一つひとつがいわば髪の毛を作り出す臓器です。そのためなるべく早く、そして損傷・ダメージを与えずに移植することが、移植毛の生着率を高めるカギとなります。 採取後のグラフトには現状最良と考えられる保存管理を施しております。そして移植する際には、グラフトへのダメージを最小限に抑えるために、非接触性の空気圧インプランターを用い素早く移植を行います。

7.術後の処置


周りからわからないようにケア

移植が終わると自毛植毛の手術は完了です。植毛した部分、移植毛を採取した部分をガーゼで保護し、包帯でしっかりと固定します。
お帰りいただくときに気になるのが、「植毛したことが周りにバレないか?目立たないか?」ということだと思います。当院ではニット帽をご用意しておりますので、包帯を気にせずにお帰りいただけます。

自毛植毛後のアフターケア

植毛手術 翌日の洗髪サービス

施術後、ご自身での洗髪に不安を感じる患者さまは多くいらっしゃいます。
特に自毛植毛を受けてから最初の洗髪は、「力加減はどのくらいなのか?」「どれくらい時間をかけるのか」「シャワーの勢いはどのくらいがいいのか?」など、具体的な洗髪方法について多くの疑問が出てくることと思います。その不安を解消すべく、親和クリニックでは最新の創傷治癒理論に基づいた専任スタッフによる自毛植毛施術翌日の洗髪サービスをご用意しております。
患者さまご自身による洗髪の参考にしていただけることに加え、移植部分のかさぶたの形成を防ぎ、自毛植毛後の頭皮の不快感や外見の違和感を軽減します。

術後の不安にお応えする
「患者さまサポート相談室」

自毛植毛は、施術は1日で完了するものの、移植毛が発毛・成長し、施術後のヘアスタイルを最大限に楽しんでいただけるようになるまで、1年ほど期間が必要になります。
その間に、一時的に髪の毛が抜ける一時的脱毛やショックロスをはじめ、日々のヘアケア方法など様々な疑問・不安など多くあるはずです。親和クリニックでは、そのような患者さまのために「患者さまサポート相談室」を設置しております。どんな小さいことでも構いませんので、いつでも気兼ねなくご連絡ください。

ドクター、専門カウンセラーによる
無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、
患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約