よくあるご質問|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

よくあるご質問

親和クリニック大阪の自毛植毛・薄毛治療について
よくあるご質問にお答えしています。

自毛植毛と人工毛植毛の違いはなんですか?

自毛植毛とは、薄毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けない後頭部・側頭部の毛髪を作り出す組織を、頭皮ごと採取し薄い部分に毛穴を作り移植する外科的治療法のことです。移植した毛髪が一度生着すると、移植された毛髪は半永久的に生え変わり続けます。 また、ヘアカラーやパーマなど自由に楽しむことができます。自分自身の毛髪なので拒否反応による皮膚トラブルも起こすこともありません。デメリットとしては、施術後最大限の効果を実感できるまでに1年ほどかかるということです。 一方、人工毛による植毛はナイロンやポリエステルといった合成繊維で作られた人工毛を使い、頭皮に埋め込んでいく方法です。メリットとしては髪の毛が生え揃うまでに8ヶ月から1年ほどの期間が必要となる自毛植毛に比べ、移植後すぐにフサフサの状態になります。好みの長さや量を一度に移植できるので、その日のうちに薄毛が解消されるという即効性が大きな特徴です。但し、デメリットも多く人工毛を移植するため、人体が異物と判断し拒絶反応を起こし、感染症にかかると移植した人工毛を抜かなくてはいけません。また、抜けた後は頭皮に手術跡が残るということもあり、維持するために定期的にメンテナンスが必要となり、ランニングコストがかかります。

生え際の薄毛が気になり1年ほどプロペシアを服用していましたが、全く効果がありません。今、自毛植毛の手術を考えているのですが、プロペシアが効かなくても自毛植毛で髪の毛は生えてくるのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されているのがプロペシアですが、このプロペシアは薄毛の要因である男性ホルモン“DHT(ジヒドロテストステロン)の影響による脱毛作用を抑えるもので、発毛させることはできません。頭頂部などの細くなっているが残存している毛髪には効果が認められますが、AGAの進行があまりにも進んで生え際など既に毛根から毛髪が生えていない部分には、頭頂部ほどの効果を得るには効果が少なくなってしまうのです。自毛植毛は薄毛の原因とされるDHTの影響を受けない後頭部や側頭部の毛髪を、毛髪を作り出す組織ごと移植するので、既に毛根がない部分へ移植してもしっかりと生着し髪の毛が生えてきます。同じお悩みを抱え当院へカウンセリングへご相談に見える方も多く、皆さんご納得いただいた上で施術を受けられその効果を実感せれています。

自毛植毛の手術を検討していますが、痛みや腫れが気になっているのですが。

手術はMIRAI法、NC-MIRAI法共に局所麻酔による手術ですので、痛みを感じることはありません。麻酔のための注射の際にチクっとした痛みはありますが、すぐに麻酔が効くのでほとんど痛みを感じることはありません。当院の自毛植毛は患者様の身体への負担を軽減するために開発されており、メスを使用せずに毛根を組織ごと極細口径のマイクロパンチブレードで、1株ごと丁寧に採取するので手術後の痛みやダウンタイムが大幅に少なくなっています。術後の腫れには個人差がありますが、約1週間で治ることが多いです。

手術を受けたいのですが、他人にばれたくないのですが。

当院の自毛植毛《NC-MIRAI法》は切らない自毛植毛《MIRAI法》をさらに進化させた先進の自毛植毛法です。通常は移植毛を採取する後頭部をバリカンで刈り上げるのですが、このNC-MIRAI法は採取部を刈り上げないで、毛髪1本1本をドクターが自ら見極め採取する方法です。ですから、手術後のカバーシート(部分カツラ)も必要ありません。翌日からこれまで通りの髪で日常生活に戻れます。手術後の髪型を変えることがないので“誰にも知られずに”自毛植毛の手術が受けられます。

手術後洗髪はいつからできますか?

基本的に翌日から洗髪することができますが、移植したところはあまり力を入れずに洗っていただく必要があります。せっかく移植した毛髪がしっかりと生着する前に抜け落ちてしまうこともあるからです。

遠方からの場合交通費や宿泊費を出してもらえるのでしょうか?他院ではそうしたプランがあると伺ったのですが。

当院でも遠方からいらっしゃる方が少しでも気軽にお越しいただけるよう、交通費・宿泊費補助制度を設けさせていただき、交通費と宿泊費の一部を補助いたします。補助額には上限を設定させていただいておりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

女性でも自毛植毛は受けられますか?

女性の方も自毛植毛手術は受けることはできます。当院では薄毛に悩む女性の方も多くいらっしゃいます。最近では若い女性の方も多く、ウィッグとかでは根本的に薄毛を治せないということで、自毛植毛の手術を選択されるケースが多いようです。女性の場合、生え際の後退や髪の毛の分け目の部分への植毛が多いようです。また、生え際のラインの修正を希望される方も多く “もっと女性的な生え際にしたい”とデザインの修正的なご希望もあります。当院のMIRAI法であれば、そうした女性の繊細な生え際への植毛も可能になります。

2年ほど前に他の植毛クリニックでメスを使う自毛植毛手術を受けたのですが、植えた本数の半分も生えてきませんでした。もう一度自毛植毛を受けたいのですが、同じような結果にはなりませんか?

メスを使用した自毛植毛ということであれば、おそらくFUTという自毛植毛手術だと思います。このFUTという術式は、ドナーを採取するためメスを使って後頭部や側頭部から皮膚ごと切り取り、そこから移植する株を切り分けて移植する方法です。このFUTはいっぺんに大量の移植株を採ることができ移植できますが、この切り分け作業の際に移植毛を傷つけることなく作成し、移植できればいいのですが、担当者の技術の練度によっては組織を傷つけてしまうこともあります。そうなると、組織自体がダメージを受けている場合、移植しても生着せずに抜け落ちるということもあります。また、移植する医師の技術によっても移植毛の生着率は変わってきます。  当院では医師がメスを使用せずに後頭部から移植毛を採取、移植する方法です。もちろん同じように医師の技術が高くなければ生着率も低くなってしまいますが、当院の医師は豊富な症例と経験に基づいた手術を行っています。当院の自毛植毛《MIRAI法》の特徴である<高密度の植毛>結果を出すのが難しいとされる<頭頂部への大量植毛>は、しっかりとした植毛技術がなければ実現できないものです。同じように他のクリニックで満足できなかった方も、2度目の自毛植毛を当院で受けられている方も多くいらっしゃいます。不安な点やご不明な点など、カウンセリングで詳しくご説明差し上げております。是非、お気軽にお越しください。

一度の手術でどのくらいの髪の毛を移植することができますか?

自毛植毛《MIRAI法》は1度の手術でおよそ4,000株の移植が可能です。毛髪に換算するとおよそ10,000本になります。もちろん日帰りで受けることができます。また、移植のための移植部位を作成するのに、直径0.6mmの超極細マイクロパンチブレードを使用することで、他の自毛植毛術では実現不可能な高密度の移植を可能にしています。ですから、当院の自毛植毛は高密度の移植により“密度の濃いより自然なボリューム感”を実現しているのです。

手術費用の支払いはクレジットカードでも大丈夫ですか?

当院では各種クレジットカード、アリペイなどご使用になれます。また、利率の低い優良メディカルローンもご利用になれます。

側頭部に子供の頃にできた傷があり髪の毛が生えていません。こうした傷跡に髪の毛を移植することはできますか?

手術痕やケガなどで髪の毛が生えてこなくなる症状を瘢痕(はんこん)性脱毛症といいます。こうしたケガなどにより脱毛している部分に自毛植毛することで、また髪の毛が生えてきて傷跡をカバーすることができます。

自毛植毛は後頭部を刈り上げなくてはできないと聞いたのですが・・・。

通常のメスを使用しない自毛植毛の場合、仰る通り後頭部をバリカンで短く刈り上げて移植毛を採取するのですが、当院のナチュラルカバーリング自毛植毛《NC-MIRAI法》は、後頭部を短く刈り上げないで毛髪を採取することができます。ドクターが自ら移植毛をチョイスし毛髪1本1本を丁寧に採取するので、刈り上げずに植毛ができるのです。後頭部を短く刈り上げることに抵抗がある方や女性の方、また他人にバレずに自毛植毛を受けたいという方にオススメの手術方法になります。

術の後の包帯はいつ取れるのですか?

手術が終わって帰宅される際に包帯を巻き、手術の翌日に消毒のために来院していただきます。その際に包帯は取ることができます。

これまで人工毛植毛をしているのですが、何かと皮膚トラブルを起こしてしまい、何度か抜去しました。ランニングコストもかなりかかっており、自毛植毛を考えているのですが、今残っている人工毛髪はどうしたらいいのでしょうか?

人工毛による植毛は拒絶反応を起こしやすく、感染症などの皮膚トラブルになることがあります。そうなると移植した人工毛は抜去しなくてはなりません。実際に同じようなトラブルを起こし、自毛植毛に切り替えた方は多くいらっしゃいますが、自毛植毛を受ける前に残っている人工毛髪は抜去しなくてはなりません。人工毛の移植は頭皮の中に植えるだけではなく、頭皮内で複雑な結び方をしているため、植毛を受けたところで抜去するのが一番望ましいです。

カウンセリングを受けてすぐに手術ができますか?

初診日のカウンセリングにお越しの際に血液検査を受けていただきますので、その結果を待ってからということになります。この血液検査では現在の身体の状態を検査するもので(肝機能や感染症など)安全に植毛の手術を行うために検査結果を基にして手術の方針を決定します。この血液検査に3日ほど時間がかかるため、カウンセリングから3日後以降にご希望の手術の日程を設定していきます。

ドクター、専門カウンセラーによる
無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、
患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約