コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

自毛植毛の基礎知識

植毛とは、頭皮に毛髪を植えこむ薄毛治療の方法で、外科手術の一種。 植毛には、人工毛を植えこむ方法、自分の髪を移植する方法の2つがあります。

髪の毛が薄くなってしまうメカニズムを説明します。
薄毛の原因はホルモンバランスや遺伝的背景、ストレス、食生活など様々な要因がありますが、日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいることが現実です。

男性ホルモンが原因?

広く知られていますが、男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいです。女性でも更年期によりホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が多くなると薄毛になりやすくなるのです。

男性ホルモンには、皮脂の分泌や毛母細胞の分裂を促進させる働きがあります。
頭髪や皮脂にある男性ホルモンが還元すると更に強い男性ホルモンが生成され、その強い男性ホルモンが髪の毛の元となるタンパク質の合成を邪魔したり、皮脂の分泌を過剰にし、毛穴が詰まる原因となるので薄毛につながります。

ストレスや食生活でホルモンバランスを崩すと薄毛の原因になります。
豊かな髪を保つには、女性ホルモンが大切だと考えられています。
人はホルモンを自由に操作することはできません。いくら男性ホルモンが原因とわかっていてもどうすることもできないのです。

そこで、植毛なのです。植毛は外科手術の一種。一度植毛すればメンテナンスも必要ないので手間もかかりません。
また、毛穴の1つ1つから自毛植毛が可能なので自然な髪型を維持できます。

植毛の仕組み、選び方

実は薄毛は突然髪の毛がなくなるわけではありません。人によって頭頂部が薄くなったり、前髪の生え際が後退したりなどと、様々です。原因を特定し、改善することは難しいです。

そこで、自毛植毛が注目されます。

自毛植毛の仕組みは、頭部の髪の毛が十分に残っている部分から髪の毛を採取し、薄くなってきた部分に移植するものです。

植毛は、およそ100年前から行われています。手術で行うため抵抗を感じる人は少なくありません。しかしおよそ100年間の知識と経験が蓄積されているので効果はとても高く、リスクはほとんどないです。

育毛剤や発毛剤に効果が無いとは言いません。効果の出る部分にむらがあったり、実際に効果を得られないことが多々有るのは事実です。育毛剤ではなかなか効果を得られなかったおでこの薄毛にも植毛では確実な効果を得ることができます。

植毛は本来、怪我や火傷で毛が生えなくなってしまった部分を再生させるために開発された医療技術なのです。

元の体の状態に近づけるために生まれた技術が発展し現在に至ります。

植毛は、しっかりと実績ある機関で治療することをおすすめします。植毛が行われるようになってからおよそ100年、失敗例も無いわけではありません。口コミや治療実績などを吟味し、信用のおける機関で行うと失敗するリスクも下がります。

植毛手術の種類

植毛手術には、様々な方法が有ります。

単一植毛

ニードル植毛と呼ばれています。ニードル植毛は、株分けされたドナーを専用の植毛針を使用し、毛穴となる穴空けと植え込みを同時に行う方法です。

スリット式

髪の毛を植えこむ場所にメスで切れ目を作り、ピンセット等で一株一株植えこんでいく方法。切れ目を入れるため、スリット式と呼ばれています。

パンチ・グラフト植毛

円筒型の特殊なメスを使い、一度に2,30本の髪の毛を毛根ごとくり抜き、薄毛に悩む部分に移植する方法です。

ミニ・グラフト植毛

パンチ・グラフトの円筒型のメスが直径4〜5mmだったのに比べ、ミニは1~2mmと改良されています。

マイクロ、グラフト植毛

ミニより更に改良され、細かくなったものです。

人工毛植毛

ドナーを探す必要が無いため、比較的安価で手術をうけることができます。副作用が問題視されています。

FUT法

毛根単位で切り取られたグラフトを埋め込む方法。定着率が高く、植毛のスタンダードとなっています。

FUE法

メスを使って切らない植毛として話題の植毛方法です。大阪梅田の親和クリニック大阪院では、こちらの術式をおすすめしています。