コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」の違いについて

今回は少し堅苦しい話となります。しかし知っておいて損はない知識ですので、ぜひご一読ください。

薄毛対策はこれは発毛、育毛、増毛、植毛の4タイプに分類されます。それぞれの詳しい違いはきちんとご存知でしょうか。一見分かりにくいこれら4つの薄毛対策方法の違いについて詳しくご紹介していきます。

 

発毛

「発毛」は、これから生えてくる髪の毛に対して行う薄毛対策です。

頭皮環境を整え、これから生えてくる髪の毛を育ち易くさせます。

方法としては、発毛シャンプー、発毛マッサージ、生活環境の見直しなどが挙げられます。

主に頭皮環境や体質などの問題で髪の毛が生え難い方が行う薄毛対策となります。

育毛

「育毛」は、既に生えている髪の毛に対して行う薄毛対策となります。

発毛と似ていますが、育毛の場合は既に生えている髪の毛をしっかり育てることでボリュームを出し薄毛を解消させます。育毛の方法としては、育毛シャンプー、育毛剤、育毛マッサージなどが挙げられます。

主に髪の毛は生えているが長さが短い、とても細い、直ぐに抜け落ちてしまう方が行う薄毛対策です。

増毛

「増毛」は、既に生えている髪の毛に人工毛髪を結び付ける薄毛対策です。

髪の毛1本に5〜6本の人工毛髪を結び付けてボリュームを出し、見た目を改善させます。付け毛、エクスンション、カツラなども広い意味では増毛となります。

増毛は、カツラメーカーなどが展開している増毛サービス実施店舗で行われます。

発毛、育毛のように身体本来の力に期待するのではなく、物理的な手段で見た目を改善したい方が行う薄毛対策となります。

植毛

「植毛」は、ボリュームの多い部分の自分の髪の毛を少ない部分に移植する薄毛対策となります。

手術により自分の髪の毛を薄毛となっている部分に植え付け(人工毛髪の場合もあり)、ボリュームを出し薄毛を解消させます。

植毛は、専門の医療クリニックでの医師による手術により行われます。

増毛よりも自然で質の高い仕上がりを求める方が行う薄毛治療となります。

発毛、育毛は人により効果がまちまちですので、確実に薄毛を解消したい場合は増毛か植毛になってきます。ただ増毛の場合は、定期的なメンテナンスが必要でこれを怠ると見た目が不自然になります。

対して植毛は自分の髪の毛を移植するため、定期的なメンテナンスは必要なく、仮に髪が伸びても、増毛のような違和感や不自然さが現れることはありません。

初期費用は高くなりますが、自然な仕上がりを求める方は自毛植毛がおすすめです。

男性型脱毛症(AGA)の原因

AGAのメカニズムを説明すると、毛乳頭の中にある酵素「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」と毛細血管の血中にある男性ホルモンの一種の「テストステロン」が結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

さらに生成されたDHTが毛乳頭の「男性ホルモンレセプター(受容体)」と結合すると、遺伝子に作用し、発毛を抑制する遺伝子「TGF-β1」が生成されます。

発毛抑制成分のTGF-β1が、毛乳頭に作用することによりヘアサイクルを乱します。

ヘアサイクルは、正常であれば「休止期」→「成長期」→「退行期」を2~6年の周期でくり返し、毛髪は成長期の間に太く、長く、強く成長します。ところが、TGF-β1が作用すると成長期が正常時より短くなり、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。

そのため、毛髪密度が徐々に低下し、薄毛の症状が現れます。AGAの原因は、じつは男性ホルモンではなく「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」と「テストステロン」が結合してできたDHTの濃度により発症します。

まとめ

発毛、育毛、増毛、植毛。それぞれでこれは方法や効果も変わってきますので、各薄毛対策の特徴を理解し、また自分の薄毛症状をしっかり考慮した上でどの薄毛対策をするかを決めるのが良いでしょう。

医師の診察を受けたいと思ったときなどは、いつでも大阪梅田の親和クリニック大阪院までご相談下さい。