コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

自毛植毛本数の目安

自毛植毛をやるならできるだけ多くの髪の毛を植えたいと、多くの人は思います。通常は生え際や頭頂部、つむじ、傷跡と患部は色々ですが、移植出来る本数は、面積から算出します。例外はありますがどの部分も基本の考え方は同じです。

自毛植毛手術は髪の毛を移植するわけではなく、髪の毛を作りだす細胞の組織ごと移植します。この組織のひとまとまりを株と言います。自分に適切な株を知っておいて損はありません。

しかしそれは植毛クリニックの医師と相談した初めて分かるものであり、自分の思い込みの希望株数というのは参考にならない場合がほとんどなのです。

それは端的に申し上げると、とにかく多くの株数を植えるというのが必ずしも最適解ではないということと、医師だからこそ分かる適正株数というものがあるからです。

自毛植毛の移植株数を決める

自毛植毛で必要な移植の本数は、範囲によって決まります。

これは患者様が理想とするイメージとは大きく変わるのがほとんどです。移植の方法や、クリニックの医療技術により株数の判断は異なりますが、事前カウンセリングを受けた際は、株数をきちんと確認しましょう。

移植範囲が狭い事例

傷跡などへの移植は範囲が狭い事例です。例えば、交通事故や円形脱毛症の跡があります。円形脱毛症は脱毛の原因が解決されると時間とともに治るものなので、植毛治療には適さないのです。しかし回復せずに時間が経過した場合、生えてこないで傷跡が残ることがあります。

傷跡部分は範囲も狭く、傷跡部分の皮膚を切除し小さくする手術も基本的には難しいため植毛手術が適応となります。このほか過去に皮膚を切り取る方法などで自毛植毛手術を受けた方も傷跡が残ります。このような傷跡も範囲が狭い例です。

移植範囲が広い事例

AGAが進行したケースは移植範囲の広い事例です。生え際のM字の後退や、頭頂部つむじ部分と広範囲になりやすいのです。移植に必要な本数も多くなる傾向にあります。

AGAの方は自毛植毛を選択する方が多いです。移植範囲が広いため、植毛による見た目の違いがはっきりと出ます。ただ範囲が広いからといってやみくもに植えていいわけではありません。次の項目でご説明します。

仕上がりについて

若い方のように多めの毛量を希望する方は移植数も必要になりますが、壮年の方は、あまり高い密度でも却って不自然さがでることもあります。これは本人の希望にもよりますので、十把一絡げに「◯◯本移植できる」というものではありません。

希望ははっきりというべきですが、最終的な本数は医師と相談して決めるべきでしょう。

一般的に髪の毛は10万本あると言われています。毛髪の本数は個人差があります。

男性は10代~20代、女性は10代~30代にかけて毛髪が太くなります。しかしその後は加齢とともに細くなっていきます。AGAや女性に多いびまん性脱毛症は自毛植毛移植で改善が期待できます。

ただ、注意点があります。採取するのは自分の後ろの髪ですので、加齢の影響は受けます。そして毛髪のクセも引き継ぎます。これはどういうことかというと、毛髪の太さや硬さはもちろん、くせ毛の毛髪は、移植後もくせ毛になります。また白髪の毛髪は移植後も白髪です。

これは良いこと悪いこと両方考えられます。デメリットは白髪の性質を受け継ぐことですが、メリットはAGAの性質がない髪を移植できることです。AGAの影響は後頭部の髪の毛に基本的にはありません。そのため、抜けない毛髪を移植できるのです。