カウンセリング予約

コラム|親和クリニック自毛植毛 大阪 【公式】

薄毛に対する現代人の意識がわかる

薄毛に関する意識調査は、優れた内容なのにサンプル数が少なくて信頼性が低いものもあれば、せっかく多くのサンプルで実施しているのに調査内容が期待するようなものではないこともあります。それでも薄毛への関心度が高いので、調査をして発表をすれば多くの人に見てもらえるということもあるようです。

薄毛に関する意識調査2022

サンプル数が多くて、調査内容がしっかりとしているアンケート調査というと、毎年実施されているリクルート(ホットペッパービューティーアカデミー)のインターネット調査が代表としてあげられます。長年の実績があり、経年の比較も的確にされていることから、信頼度も高く、多くの薄毛対策業界に関わる人たちにも有効活用されています。
薄毛治療やAGA治療については、自毛植毛は明らかな結果があるのに、なかなか踏み切れない人がいるのも事実です。その傾向と、積極的な改善を求める人への対応も見えてくる調査結果となっています。
今回の発表は2022年7月に調査が実施されたもので、対象者は「現在薄毛である&薄毛を気にしている」全国の20〜69歳の男女です。先に50,000人のスクリーニングが実施されていて、人口動態に基づいて性別と年代を割り振っています。本調査としては2,066人に実施されています。

体と髪・頭皮の現状

基本的な状況把握としてスクリーニングで、気になる体と髪・頭皮の現状について聞いています。男性(25,062人)では、「白髪がある」(白髪を染めている場合も含む)が48.2%、「肥満である」が25.1%、「薄毛である」が26.0%、「加齢臭がある」が16.0%、「あてはまるものはない」が31.3%でした。
女性(24,938人)では、「白髪がある」(白髪を染めている場合も含む)が59.9%、「肥満である」が20.3%、「薄毛である」が8.0%、「加齢臭がある」が5.5%、「あてはまるものはない」が31.1%となっていて、女性は薄毛の割合が低いものの、それがかえって目立つために気になるという人も多いようです。

薄毛は若いときからが気になる

薄毛についての初めの質問は、「あなたは現在、以下のことについて、どの程度気にしていますか」で、5つに分けて聞いています。
男性(6,518人)では、「とても気になる」が36.8%、「やや気になる」が39.1%、「どちらともいえない」が7.6%、「あまり気にならない」が10.2%、「全く気にならない」が6.3%で、気になると回答しているのは75.9%でした。
年齢別にみると、「とても気になる」は20代が43.6%、30代が50.4%、40代が44.9%、50代が33.5%と若い世代で多くなっています。
女性(1,984人)では、「とても気になる」が49.5%、「やや気になる」が44.4%、「どちらともいえない」が3.3%、「あまり気にならない」が2.0%、「全く気にならない」が0.8%で、気になると回答しているのは93.9%と男性よりも多くなっています。
年齢別にみると、「とても気になる」は20代が32.5%と少なめであるものの、30代が50.0%、40代が51.3%、50代が54.0%と女性は年齢を重ねると薄毛が気になる人が増えていきます。
男性では薄毛傾向がある人は比較的早く傾向が現れ、女性は年齢が影響をしていることがわかります。

将来の髪と頭皮の不安

現在の薄毛に関する意識がわかったところで、続いて将来の不安について聞いています。不安を感じている人は以前から多かったのですが、「今後や将来を考えたとき、以下のことについて、どの程度不安を思っていますか」と、5つに分けて聞いています。
男性では、「とても不安」が14.6%、「やや不安」が24.8%、「どちらともいえない」が17.4%、「あまり不安ではない」が17.7%、「全く不安ではない」が25.5%で、不安と回答しているのは39.4%でした。
女性では、「とても不安」が7.9%、「やや不安」が24.1%、「どちらともいえない」が14.9%、「あまり不安ではない」が23.5%、「全く不安ではない」が29.6%で、不安と回答しているのは30.2%でした。女性も、それほど薄毛の不安がないということではないようです。

薄毛の対策意向

薄毛対策について、「今後もしも自身の薄毛を感じ始めたとしたら、あなたは何か対策をしますか」と大きく3つの項目に分けて聞いています。男性の場合は薄毛対策の中でもAGAによる若いときからの薄毛の傾向があることから、AGA治療を含めた対策への関心は高くなっています。
男性では、「薄毛のための対策をすると思う」(薄毛治療、髪・頭皮ケア、ウィッグ・カツラなど)が13.2%、「特に対策はしないが、目立たないように坊主・短髪にすると思う」が22.5%、「特に対策や髪型の変更はせず、自然のままに任せると思う」が63.6%となっていました。
女性では、「薄毛のための対策をすると思う」が33.4%、「特に対策はしないが、目立たないように坊主・短髪にすると思う」が14.7%、「特に対策や髪型の変更はせず、自然のままに任せると思う」が50.7%で、女性は男性よりも対策意向が高くなっています。

薄毛に関する意識調査2022
https://hba.beauty.hotpepper.jp/wp/wp-content/uploads/2022/10/data_usuge_20221013.pdf