コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

正しいドライヤーの使い方

実は薄毛を予防するためにも入浴後に濡れた髪の毛はドライヤーでかなりしっかりと乾かす必要があると言われています。ただドライヤーは本当は使い方を誤ると逆に薄毛を、かなり悪化させてしまうこともあるのです。

今回は薄毛予防のための正しいドライヤーの使い方についてご紹介していきます。

 

入浴後のドライヤーは絶対に必要か?

入浴後にドライヤーを使うことが絶対に必要かについてですが、これは必要なようです。

入浴後、頭皮がかなり濡れていると蒸れが発生し、雑菌がとても沸き易くなります。雑菌がここに沸くと頭皮が炎症などをかなり起こし易くなるため、極めて薄毛の原因となるようです。

また髪の毛がしっかり濡れていると、髪の毛表面を被っている「キューティクル」がとても破壊されやすくなります。

キューティクルが破壊されてしまうと髪に潤いがほとんど無くなりパサパサとなってしまいこれは抜毛の原因となるようです。濡れた頭皮や髪の毛はきちんとドライヤーを使用しないと十分にきちんと乾かせないため、これはドライヤーは必要になります。

ドライヤー前はタオルで

またキューティクルはかなり熱に弱く、ドライヤーをじつはしっかり掛けすぎるとキューティクルを逆にかなり破壊してしまうため、注意が特に必要なようです。対策としては、ドライヤーを掛ける時間をかなり減らします。入浴後はこれはドライヤーを掛ける前にしっかりとまずはタオルで水分を十分に取り除きます。

なおタオルで拭く際に、ゴシゴシときちんと擦るように拭くとこれも、キューティクルをかなり傷つけるため逆効果なようです。

グイグイと、かなりしっかり頭皮に押し当てる感じで水分を拭き上げるのが効果的です。

ドライヤーの掛け方

皆さん、薄毛予防の為のドライヤーの掛け方として、以下の点がポイントです。

  • ドライヤーは約20cmほど離した位置からかける
  • まずは髪の根元に向かって熱風を当て、その後毛先に流していく
  • 同じ場所に長く熱風を当て続けない。小まめに位置を替え均等に乾かす

ドライヤーの熱はかなり掛けすぎると、キューティクルや頭皮をとても痛めるので、以上の点をポイントにしっかり短時間で効率良く、乾かしていきます。

仕上げに冷風を掛ける

ある程度髪の毛が乾いたら、仕上げはこれは冷風で行うようにしましょう。

冷風で温度をしっかり下げることで、キューティクルや頭皮がかなり引き締まり熱によるダメージをきちんと防げます。入浴後に濡れた髪の毛はこれはタオルだけでは十分乾かせないため、ドライヤーはここにやはり必要になってきます。

ただやり方をかなり誤るとドライヤーの熱が髪や頭皮を痛め逆効果となってしまうことも、あるようなので、ご紹介したきちんと正しい方法でドライヤーを掛けることを、おすすめします。

薄毛が気になる方へ 自毛植毛が有効な薄毛の症状と原因

自毛植毛は、これはドナーとなる毛髪が残っている方であれば性別・年齢にかかわらず、ほとんどどんな薄毛の症状であっても有効な治療です。自毛植毛の治療をきちんと受診される患者さまの中で、じつは、もっとも多い症状は「男性型脱毛症(AGA)」の方です。

親和クリニックの最新自毛植毛

親和クリニックの最新式自毛植毛は、現在ほとんど主流となっている自毛植毛施術である「FUE法」をかなり改良した治療となっています。

施術方法には
・MIRAI法
・NC-MIRAI法
・United MIRAI法
の3種類があります。

MIRAI法は、直径0.6mmの「パンチブレード」を使用してドナーを作成します。従来使用されているものよりかなり直径が小さいため、高密度できれいに植毛をすることができます。メスを使わないため、頭皮を切り取ることがまったくありませんので、施術後の痛みはかなり最小限で抑えられます。また、1度に4,000株以上のかなり大量の移植もなんと短時間で行うことができますので、これは日帰りでの手術もできます。

まとめ

薄毛のことでお悩みの方は多いと思われます。医師の診察を受けたいと思ったときなどは、いつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。