コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

肉食でハゲるは本当か?

地肌が目立ってくると、もっと栄養をとらなくては!と食生活を気にし始めます。その際に普段よりも肉を多めに食べてしまう人もいるのではないでしょうか。
髪の素であるタンパク質。これを補充しようと肉を食べすぎると逆に薄毛になる可能性があるのです。

髪はタンパク質でできる

私たちの髪の毛の主成分はケラチンからなるタンパク質です。動物性タンパク質の塊である肉を積極的にとることは理にかなった行動のように思われますよね。
しかし、肉にはタンパク質以外の栄養も含まれています。肉食=髪の毛に良いと考えるのは早計なのです。

普段口にする牛肉、豚肉、鶏肉の3種類の肉は成分構成が大きく違います。摂り方によっては、大事な髪の毛に悪影響を及ぼすことも考えられます。
薄毛が気になってあわてて肉に手を伸ばす前に、薄毛と肉食の関係について良く知っておきましょう。

肉は重要です ただ…。

実は毎日肉ばかりを食べているようでは、薄毛をどんどん進行させてしまうリスクがあります。肉の脂身にはコレステロールとして体内に蓄積されやすい、飽和脂肪酸が豊富に含まれているからです。

肉を食べすぎることで皮脂の分泌が盛んになると、毛穴が詰まって発毛ができなくなったりします。頭皮の炎症を招いて、薄毛を引き起こしてしまいます。
薄毛が進行している中年期は栄養を消費する代謝機能も低下しています。肉食への偏りは肥満や動脈硬化、脳梗塞などの重大な病気を引き起こすリスクも潜んでいます。肉の食べすぎには注意が必要です。
肉が好きな人は、髪の毛のために比較的脂肪分が少なく、ヘルシーなタンパク源である鶏肉を選びましょう。
鶏肉は良質なタンパク源だけではなく、発毛と頭皮を健康に維持する効果のあるビタミンB 群や亜鉛などのミネラル、頭皮を潤わせるコラーゲンなども豊富に含まれています。

健康的な良い髪の毛を作るのに最適です。

バランス良く栄養をとろう

肉食がいけないといっているわけではありません。
タンパク質は牛や豚、鶏肉だけでなくさまざまなものからも取れます。タンパク質=肉とこだわらず、さまざまな食材も生活に取り入れてほしい。そう言いたいのです。
レバーであれば種類にかかわらずにタンパク質やそのほかの髪の毛に良い栄養をヘルシーに取れます。魚でも良質なタンパク質を摂取することができます。

豆腐などの大豆加工品も植物性タンパク質の宝庫。育毛に効果的です。動物性・植物性と、バリエーション豊かに栄養を摂りましょう。
健康的な発毛を促すためには多くの栄養が必要です。それぞれの栄養は吸収を助けたり、吸収を妨害したりと、相互に関連して作用するのです。

だからこそ栄養は、さまざまな食材から、バランス良く、まんべんなくとりましょう。
ぜひいろいろな食材から良い栄養を豊富にとり、薄毛を改善していきましょう。

AGAの症状

AGAの症状についても解説します。AGAは主に頭頂部から薄くなる症状、額の生え際が後退していく症状、こめかみ付近からM字に薄くなる症状の3パターンに分類されます。
AGAの特徴は前頭部・側頭部・頭頂部を中心に毛髪が細くなり薄毛の症状が進行していきます。AGAの症状は進行性のため治療を始めなければ止めることはできません。

ちなみに男性ホルモン自体がAGAの直接の原因ではありません。
毛乳頭の中にある酵素「5αリダクターゼⅡ型」と毛細血管の血中にある男性ホルモンの一種である「テストステロン」が結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

まとめ

薄毛に最適な食物が知りたい。バランスの良い食生活について聞きたい。自毛植毛について詳しく知りたいという方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。