コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

育毛ケアが効果を発揮しない原因は?

ふと鏡やショーウィンドウを覗きこんだ拍子に気が付いてしまった自分の薄毛。ビックリします。また自分の将来の頭髪に不安を感じるかと思います。

年齢を重ねれば誰でも発毛機能が衰えます。髪の毛全体がボリュームダウンします。しかし、最近は加齢とは全く無縁の20~30代でも薄毛に悩む人が増えているのです。中には、その薄毛が治らないと困っている方も多いと思います。

なかなか治らない薄毛について、その原因と改善法をご紹介します。

育毛ケアが効果を発揮しない場合の原因

男性型脱毛症(AGA)による薄毛に悩む人は全国に大勢います。AGAは進行する薄毛です。最初は産毛が残っていて発毛の可能性は十分残っているのですが、放っておくと髪の毛はどんどん減り続けてしまいます。

薬剤を使った治療を始めれば3~6ヶ月ほどで薄毛の改善が見られますが、6ヶ月程治療を続けて良い効果が得られない場合もあります。

薄毛はある日突然始まるものではありません。小さな原因が積み重なって徐々に進行するものです。原因を1つ1つ取り除き改善していくには、かなりの時間がかかります。

しかしです。薄毛は頭皮に毛母細胞が存在している限り、治る可能性がないとはいえません。髪の毛を太く育てて元のボリュームを取り戻すチャンスは十分にあります。
薄毛が改善しない期間が長引いてもあきらめず、まずは育毛に取り組んでいきましょう。

改善されない場合は自毛植毛も

自毛植毛は髪の毛が薄くなってしまった頭皮に直接自分の毛を植え付けていく方法です。手術になるので不安も多く、選択することに勇気が持てない人もいます。しかし、今の自毛植毛技術はとても向上しています。

髪の毛は自分らしさを表現する大事なアイテム。育毛であれ植毛であれ、薄くなってしまった髪の毛を元の状態に戻すことは、自分への自信につながることでしょう。

自毛植毛のメリット

実に自然な仕上がりに

自毛植毛では自分の毛髪を使っています。そのため周囲の髪との違和感がありません。術後年齢を重ねると、自毛植毛の移植毛も周囲の髪と同じように白髪になっていきます。実に自然です。

メンテナンスが必要なし

薬による薄毛治療の場合は継続的に薬の投与を続けていかないと効果が薄れてきます。自毛植毛であれば、継続的にメンテナンス等を行う必要が無いため術後に診療費や薬代などの出費がかかることがありません。
また自毛移植の場合、術後は普通の髪と同じように洗髪することができます。

拒絶反応がない

人工毛植毛の場合だと人工の毛なので、人体の免疫機能によって体が皮膚炎症などの拒絶反応を起こすことがあります。自毛植毛は自分の毛を使うことになるため、拒絶反応の心配がありません。

術後1年程度で移植毛が抜け落ちてしまう人工毛植毛に対し、自毛植毛では高い生着率が確認されています。

髪を再び成長させる

ここが最大のメリットであるといえます。自毛植毛の場合は移植毛が頭皮に生着すると毛髪が再び伸びます。

人工毛植毛の場合だと、移植毛は植毛してもそれ以上伸びることがありません。

自毛植毛は毛包組織そのものを移植する植毛法。移植した毛髪はその後生涯に渡って生え続けていきます。

自毛植毛のデメリット

移植された毛髪は一定期間が経つと一時的に抜け落ちてしまいます。 そしてその後また新しい毛が生えてくるのを待たなければならないため、毛髪がしっかり生えて安定してくるまでには6ヶ月〜1年程度の期間が必要になってきます。

まとめ

自毛植毛の治療を受ける前に気になることがある場合は、まずは薄毛治療の専門医師に相談をし、疑問点を解決した後に手術を受けるようにしましょう。詳しく知りたい方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご連絡下さい。