コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

睡眠不足だと薄毛になる原因

薄毛にはさまざまな原因があります。その1つは“睡眠不足”。
なぜ睡眠不足になると薄毛になるのでしょうか。
睡眠不足で薄毛になってしまうメカニズムをご紹介します。

成長ホルモンが分泌されない?

成長ホルモンが上手く分泌されないことが挙げられます。
成長ホルモンは肌や髪など身体の各部位を修復や成長を促す作用を持つので、髪の成長にも同じように欠かせない物質となります。

特に髪の場合は、80%以上がタンパク質。このタンパク質の合成を高めるためには成長ホルモンが必要不可欠なのです。
成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるため、睡眠不足になると髪の成長が上手く行われず、薄くなってしまいます。これが睡眠不足で薄毛となる原因の1つです。

毛母細胞が分裂しない?

睡眠不足で薄毛になる理由としてもうひとつ挙げられるのが、毛母細胞が分裂しないこと。
毛母細胞とは、髪の毛の根元にある細胞。この細胞が分裂していくことで髪の毛が伸びていきます。

けれども、睡眠不足になってしまうと、この毛母細胞への分裂活動も十分に行われなくなります。
そのため、髪の毛がそもそも伸びようとせず、薄毛となっていくのです

どのような睡眠を取ればいいのか

しかしここが大事で、単純に睡眠を取っていれば薄毛には影響しないといった話ではないのです。薄毛にならないためには、以下のような睡眠が大切になってきます。

  • 3時間以上の睡眠を
    成長ホルモンは、睡眠に入ってから30分~3時間の間が最も多く分泌されます。そしてその後徐々に減少しますが6時間程度は分泌が継続されるといわれています。最低でも3時間以上、できれば6時間以上は継続した睡眠を取るようにしましょう。
  • 髪は乾かしてから寝る
    お風呂から出て髪を乾かさず濡れたままの髪で寝ることは厳禁です。雑菌やフケなどが発生しやすくなり、頭皮環境が悪くなるので薄毛の原因となります。
    お風呂から出たら髪をしっかりと乾かしてから、寝るようにしましょう。

睡眠不足は薄毛の原因として十分に考えられます。
1日や2日程度の睡眠不足であれば薄毛に直接影響する事は少ないですが、日々睡眠不足が続いていたり生活リズムが乱れていると、髪の毛に大きく影響してしまうこと恐れがあります。

自毛植毛とは?

薄毛になったときに多くの方がとる選択肢の一つに自毛植毛手術があります。

自毛植毛は言葉の通り、自分の毛髪を利用する植毛法です。

自毛植毛に使用する毛髪には、生命力が強く男性ホルモンの影響を受けづらい側頭部や後頭部の毛髪が使われることが多く、そこから専用の機器を用いて脱毛している部位へ移植をしていきます。

毛髪の毛根の下部には毛乳頭という、毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織があり、移植された毛乳頭が毛細血管や神経と結合し、ゆっくり成長し毛髪が生え揃っていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛が生着すれば再び自分の毛髪となるため、抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けるのです。

自毛植毛が有効な薄毛の症状と原因

自毛植毛の治療を受診される患者さまの中で、もっとも多い症状は「男性型脱毛症(AGA)」の方です。AGAの特徴は前頭部・側頭部・頭頂部を中心に毛髪が細くなり薄毛の症状が進行していきます。

AGAの症状は主に「頭頂部から薄くなる症状」「額の生え際が後退していく症状」「こめかみ付近からM字に薄くなる症状」の3パターンに分類されます。

額と生え際にのみ症状がある場合は、特に自毛植毛が効果的です。

まとめ

睡眠と薄毛の関係や自毛植毛について詳しく知りたい方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。

薄毛になったらまずは植毛クリニック医師に相談し、早めに治療開始することが望ましいです。