コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

塩分摂取と薄毛

薄毛の原因としては、遺伝・ストレス・生活習慣など様々なものが示唆されていますが、”塩分”というのも薄毛の原因に挙がるものの1つです。ご存知でしたでしょうか。

そのメカニズムについて解説していきます。

CGRPが減る

少し難しい話となりますが「CGRP」という物質が減る事も、塩分による薄毛の原因の一つです。このCGRP。「IGF-1」という別の物質の生成する役割をもっており、CGRPが減れば、IGF-1もおのずと減っていくのです


塩分を過度に摂取するとCGRPが減ります。 IGF-1は髪の毛のヘアサイクルを補正する働きをするため、IGF-1が減ってしまうとヘアサイクルが乱れ、上手く髪の毛が伸びずに薄毛となってしまう事があります。

血行の悪化

適量の塩分は必要です。しかし、過度に摂取すると身体の血行を悪化させてしまう事があります。塩分は過度に摂取すると、血管が縮まり動脈硬化を誘発するからです。

髪の毛というのは血液中に含まれる栄養素をもとに成長していきます。血行が悪化すると栄養素が上手く髪の毛(毛根)まで運ばれなくなり、髪の毛の成長を妨げてしまいます。
これが、塩分による薄毛の原因の一つとなってきます。

 

塩分を摂りすぎないために

塩分による薄毛を防止するにはどうしたら良いのか。
単純に塩分を摂り過ぎない様にすることが対策ですが、日本食には塩分がいたる所に含まれています。塩分を意図的に減らすのはなかなか難しいものです。
方法としては以下のものが挙げられます。

カリウムと水を取る

カリウムと水を摂取することで、体内の塩分を分解できます。
カリウムは野菜や果物に多く含まれています。

運動をする

ジョキングなどの運動をすると、汗と一緒に塩分が放出されます。
塩分を摂りすぎたときは、定期的に運動しましょう。

塩分濃度の高い食品を避ける

ラーメン・ポテトチップス・味噌汁など塩分濃度の高い食品は、ある程度減らしていく事が大切です。もしくは塩の代わりに酢やこしょうなどで味付けするのも良いでしょう。

この様な方法を取れば、食事自体は大きく変えないまま塩分を減らすことができます。

 

自毛植毛のメリット

薄毛対策に効果的な自毛植毛のメリット・デメリットをご紹介します。

自然な仕上がりになる

自毛植毛では自分の毛髪を使っているため、周囲の髪との違和感がまったくありません。

また術後年齢を重ねると、自毛植毛の移植毛も周囲の髪と同じように白髪になっていきます。

拒絶反応(免疫反応)がない

人工毛植毛の場合だと合成繊維から作った人工の毛により、、人体の免疫機能によって体が皮膚炎症などの拒絶反応を起こすことがありますが、自毛植毛は自分の毛を使った自家移植になるため、拒絶反応の心配がありません。

そのため術後1年程度で移植毛が抜け落ちてしまう人工毛植毛に対し、自毛植毛では高い生着率が確認されています。

自毛植毛のデメリット

自毛移植のデメリットについですが、移植された毛髪は一定期間が経つと一時的に抜け落ちてしまいます。 そして、その後また新しい毛が生えてくるのを待たなければならないため、毛髪がしっかり生えて安定してくるまでには6ヶ月〜1年程度の期間が必要になってきます。

しかし、人工毛植毛と自毛植毛のどちらにするか中長期で考えると、半永久的に生え続ける自毛植毛がお勧めといえます。
自毛植毛の治療を受ける前に気になることがある場合は、まずは薄毛治療の専門クリニックに電話で問い合わせましょう。疑問点を解決した後に手術を受けるようにした方が良いです。

まとめ

塩分と薄毛の関係、そして自毛植毛について詳しく知りたい方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。