コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

育毛剤の選び方について

薄毛対策のために、育毛剤の使用を考えているなら注意したいポイントがいくつかあります。

間違った選び方をすれば、育毛剤の効果を実感できない可能性も高まってしまうのです。
育毛剤を選ぶ際は、一体どんなことに注意して選べばいいか解説致します。

男性ホルモンに起因する薄毛

男性ホルモンが直接薄毛を引き起こしているわけではありません。

男性ホルモンのテストステロンが体内にある酵素と結びつくことによって変異すると、男性型脱毛症(AGA)を発症します。 変異した物質が抜け毛や薄毛の症状を引き起こすため、AGAに特化した育毛剤を使用する必要があります。

AGAの症状を抑える育毛剤には男性ホルモンの分泌をおさえて症状の進行を遅らせたり、薄毛の予防的な効果を持つものがあります。 AGAは遺伝によって引き起こされることが多いといわれているため、近親者に同じ症状の人がいる場合は男性型脱毛症を疑ってみましょう。

毛根や毛母細胞に問題が起きている場合

毛髪として充分に成長する力が衰えてしまったり成長しても細く頼りない毛に成長してしまう症状があります。 毛髪の成長を促進させるために、毛根や毛母細胞に栄養を与えたり、活性化させるはたらきを持つ育毛剤を使用することが大切です。

髪の原料はたんぱく質。 育毛剤の使用とあわせて、良質なたんぱく質やたんぱく質を作るために欠かせないアミノ酸が含まれた食材を食生活に加えるようにするといいでしょう。

頭皮の血行不良が原因の場合

喫煙やストレス、シャンプーのすすぎ不足などにより頭皮が固くなっていると、血流に影響を及ぼします。 毛髪の成長に必要な栄養素は血流にのって運ばれるため、頭皮の血流が悪いと、毛髪が生え変わるサイクルが乱れたり、生えにくくなるといった恐れがあるのです。 心当たりがある人は、頭皮の血流をアップさせるタイプの育毛剤を使用しましょう。

市販の育毛剤には数多くの種類がありますが、育毛剤を選ぶ際には、個々の薄毛の症状や頭皮の状態にあわせた選び方をすることが重要です。 また、高品質な育毛剤を使用しても睡眠不足や食生活といったライフスタイルを変えなければ効果が出にくい場合があります。 自分に合った育毛剤がわからないという場合は、当院のような薄毛の専門家に聞くということも一つの方法です。

 

自毛植毛の基礎知識

また選択肢として自毛植毛もおすすめです。これは患者さまご自身の髪を採取し、薄毛部分に移植する、“髪の引っ越し”ともいえる治療法です。術後に髪が生え揃うまでの期間をご紹介する前に、自毛植毛の効果・種類と人工毛植毛との違いについて確認してみましょう。

自毛植毛の効果

「AGAなどの薄毛の進行で抜けてしまわないのか?」と不安に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?ですが、AGAはそのメカニズムにより、後頭部や側頭部の髪は禿げにくいことが証明されています。

自毛植毛は、後頭部・側頭部から移植毛を採取します。それらの髪は、移植後も「AGAの影響を受けにくい性質」を引き継ぐ(ドナードミナントの法則)ため、AGAやFAGAによる薄毛が進行しても禿げにくいのです。また、既に薄毛が進行してしまったり、もともと生えていないなどの「髪がない」部分にも移植できることも自毛植毛の魅力です。

自毛植毛は一度毛が抜ける

自毛植毛を行うと、髪の毛を植えつけられた毛根がヘアサイクルを整えようとします。このため、自毛植毛をした後に一度植えつけた髪の毛は全て抜け落ちます。

目安としては、概ね自毛植毛から1ヶ月程度で髪の毛は一度抜け落ちます。これは身体が起こす自然現象ですので、髪の毛が抜け落ちても全く問題はありません。

まとめ

自毛植毛や治療法について詳しく知りたい方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。