コラム|自毛植毛 親和クリニック大阪【公式】

FUT法のメリットとデメリット

薄毛は実は男性だけでなく女性にも見られるものですが、特に男性に多いのが男性型脱毛症です。 これは男性ホルモンが毛髪の育成を阻害するために起こるものです。
男性型脱毛症が発生する仕組みは解明されているので、薬で治療することもできますが、必ずしも効果が出るわけではありません。

薬で効果が出なかった人に人気を集めているのが自毛植毛です。自毛植毛のうち主流である「FUT法」のメリットとデメリットについてご紹介します。

FUT法

現在、自毛植毛を行っている病院で採用されている主な植毛方法には「FUT法」のほか、「FUE法」「マイクログラフト法」「単一植毛法」などがあります。
中でもFUT法は、男性型脱毛症の先進国であるアメリカで主流となっている自毛植毛の方法で、日本でも最もメジャーです。

男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛穴を、薄毛の部分に移植するというもの。
人の毛穴は、1つの毛穴に対し1本の毛が生えてくるのではなく、1つの毛穴から1本の時もあれば複数の毛が生えてくることもあります。毛穴ごと薄毛部分に移植することで自然な仕上がりが期待できるのです。

FUT法のメリット

毛根細胞だけでなく、髪の毛を育てる最少の組織を1セット丸ごと移植する方法です。

移植の際には毛の濃さなどを計算するので、自然な仕上がりにすることができます。
また、毛を育てる組織丸ごとの移植なので生着率が高く、熟練の医師が行うと95%以上の確率で生着することができます。

見た目は自然に、そして確実に髪の毛を増やせる点がFUT法のメリット。手術は日帰りで翌日から普通の生活が送れるのもポイントです。忙しい人でも安心して受けることができます。

FUT法のデメリット

薄毛の解消に高い効果を発揮するFUT法。しかしデメリットもあります。
電子顕微鏡が必要になるため、最新設備が整った病院でなければ受けることができません。そのため、FUT法を行っている病院は限られてしまいます。
手作業での移植のため、手術には半日程度の時間がかかること、費用が高くなることもFUT法の難点です。

メスを使って頭皮を切るため、ドナー細胞を取り出した部分には傷跡が残ります。髪の毛が伸びれば見えなくなるのですが、傷跡が残ることが気になる人はよく考えてから処置を受けるようにしましょう。

時間とお金をかけても薄毛を解消したいという人は、自然な仕上がりと高い生着率のFUT法がおすすめです。

自毛植毛は一度毛が抜ける

自毛植毛を行うと、髪の毛を植えつけられた毛根がヘアサイクルを整えようとします。自毛植毛をした後に一度植えつけた髪の毛は全て抜け落ちます。目安としては、概ね自毛植毛から1ヶ月程度で髪の毛は一度抜け落ちます。

これは身体が起こす自然現象。髪の毛が抜け落ちても全く問題はありません。

自毛植毛の「ショックロス」

自毛植毛を受けた後に起こることがある副作用に、ショックロスがあります。髪を移植した部分の周囲のもともと生えている髪が、一時的に抜けてしまう現象です。ショックロスにより移植毛が抜けてしまったと考える方もいらっしゃいますが、それは前述の通り自然な生え変わりですので安心ください。

ショックロスですが、実は未だに原因は解明されていません。一説によると、手術による外傷的なストレスや麻酔などの影響で、発毛サイクルが乱れることが要因であるといわれています。ショックロスが起こるタイミングは、手術後2週間~2ヶ月の間に起こることが多いとされています。ですが大事なのは、ショックロスは必ずしも起こるものではなく、仮に起こったとしても一時的な脱落なので、およそ半年後にはきちんと新たな髪が生え揃うということです。

まとめ

自毛植毛、そしてFUTについて詳しく知りたい方はいつでも大阪梅田にある親和クリニック大阪院までご相談下さい。